和菓子

和菓子 · 2022/09/06
9月9日は重陽の節句。 別名「菊の節句」とも呼ばれています。 9月8日の夜に菊の花に綿をかぶせ 翌朝、菊の香りと露を含んだ綿で 体を拭くと邪気払いや 長寿を保つと言われてきました。 重陽の節句は中国から伝わってものですが 菊の着せ綿は日本独自の風習だそうです。

和菓子 · 2022/07/10
銀座にある空也の最中。 予約してから取りにいくのが確実。 焦がし皮がくせになりそうな 一口サイズ。

和菓子 · 2022/06/30
今日、6月30日は 「夏越の祓(なごしのはらえ)」 ちょうど1年の折り返しとなります。 半年分の穢れを落とし 残りの半年の無病息災を祈ります。 お茶会、お稽古では この和菓子 「水無月」をいただくことがあります。

和菓子 · 2022/06/29
「京都へ行ってきました」 とある生徒さん。 色々観光された中で 和菓子屋さん「川端道喜」にも 立ち寄られたそうです。 地下鉄「北山」下車。 「川端道喜」は 粽(ちまき)で有名ですね。 老舗で皇室とも関係が深いようです。 お土産を買ってきてくださいました。 社中の皆で頂いております。

和菓子 · 2022/03/02
この和菓子は 引千切(ひちぎり)と呼ばれています。 宮中では上巳の節句(桃の節句)に 餅菓子の用意が忙しく 餅を丸めている時間がなかったので 餅を引きちぎってその上にあんをのせたことから この名がついた、との説があります。 写真は「末富製」

和菓子 · 2022/02/03
節分の日のお菓子は 鬼、福、枡。 花桔梗製です。

和菓子 · 2021/09/30
前回のお稽古のお菓子は おっきな栗きんとん! みなさま、ぺろっと完食! 陶勝軒製です。 お店のホームページには 大きさ3倍の「おっき~い栗きんとん」 とあります。 そのとおり!でした。

和菓子 · 2021/09/17
前回のお稽古ではこちらの和菓子を楽しみました。 ご銘は「まさり草」 さんのう製。 「菊」の古名、雅語(がご)だそうです。 (雅語はおもに平安時代に使われた 洗練された優雅な言葉のこと) 薯蕷練切(じょうよねりきり)です。 中はこし餡。 グラデュエーションが柔らかですね。 私も今回初めて「まさり草」という言葉を知りました。...

和菓子 · 2021/09/15
前回のお稽古の和菓子はこちら。 銘は「こぼれ萩」 さんのう製です。

和菓子 · 2021/09/09
今週のお稽古の和菓子はこちら ご銘は「着せ綿」 9月9日は重陽(ちょうよう)の節句です。 「9」は陰陽道で縁起が良いとされる 一桁の奇数の最も大きい数字です。 これが重なることから重陽の節句と呼ばれます。 また別名「菊の節句」とも呼ばれます。 菊は長寿に良いとされ 9月8日の夜、菊の花に綿をかぶせ 翌朝、菊の香と露を含んだ綿で体を拭くと...

さらに表示する